2005年10月30日

第29節横浜Fマリノス×ヴェルディ

第29節 横浜Fマリノス×ヴェルディ 1−0

【得点者】横浜F・マリノス:中澤


【横浜F・マリノス】
GK榎本達 DF右から中西 松田 中澤 MF田中隼 奥 上野 ドゥトラ 山瀬 FW久保 坂田

【東京ヴェルディ1969】
GK高木 DF林 戸川 上村 MF山田 小林大 小林慶 平野 FWワシントン ジウ 森本


試合開始直前小雨が降り出す。 ヴェルディが相手のためか中澤 田中が先頭になって選手入場。
久保が2ヶ月ぶりの復帰でいきなりスタメン。中澤は右足首捻挫をおして強行出場。


【前半】
立ち上がりからマリノス優勢のパス回しの中、前半13分左FKからゴール前で相手DFのクリアミス、奥、続いて久保と立て続けにシュートもゴール奪えず。
その直後右CKから中澤ヘディングも惜しくもクロスバーに嫌われる。
22分右サイドからの隼磨のクロスに左のドゥトラが追いつきクロス、上野がシュートもバーを超えゴールならず。
27分左サイドからドゥトラが走りこみDFを交わしながらゴール前へ送るも足元に入ってしまい山瀬のゴールもならず。(ドゥトラはその後ろにいた久保を狙った模様)
30分坂田がDF4人に囲まれながらも個人技で突破し左からシュートは惜しくもゴール右にそれる。
前半終盤ヴェルディの攻撃も 相手の最後のつめの甘さに救われる。
何度もチャンスがありながらまだ1点が奪えず。そのまま0−0で折り返す。
前半無得点も選手達の表情にに悲壮感なし。絶対に勝つという自信が感じられる。

【後半】
開始早々左のドゥトラからクロス、田中のヘディングはゴール右。
ヴェルディの攻撃も高い位置から素早いチェック、ワシントンにも中澤は前を向かせず。
55分ジウのシュートをしりもちをつきながら榎本が足1本で防ぐ。
CKからワシントンのループシュートはバーに救われる。
ヴェルディに立て続けにシュートを許しマリノス我慢の時間。
DF陣が落ち着いてボールをさばく。カウンターも粘りで
63分左サイドFKから久保のヘディングはゴール右。 引き続き奥の左CKから坂田ヘディングもゴール左に。
76分右の山瀬から中央のドゥトラがミドルシュート。惜しくもゴール右。
79分左の左の坂田から久保にドンピシャクロスもシュートはDFに防がれる。
79分山瀬に代えマグロン、久保に代えグラウが入る。
81分右サイドでグラウが倒され得たFKをドゥトラが蹴り、中澤がワシントンをもかわす見事な高さで流し込み 待ちに待った得点が生まれる!!
終了間際までドゥトラを始め選手達の動きは衰えず(かなり疲れていると思うのだが・・)
中澤の得点が疲れた選手を生き返らせたようだ。
89分坂田が何度も前線でボールをキープする等 選手達全員が最後まで一丸となって戦っている。
ロスタイム3分。奥に代え那須投入。
試合終了のホイッスルと共に選手達は抱き合い勝利を喜びあった。
あれだけのシュートを放ちながら中々点が入らず、また引き分けか・・と不安がよぎった瞬間のボンバーヘッド炸裂!! 価値ある 価値ある1勝となった。


posted by Hiro at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

第28節 アルビレックス新潟×横浜Fマリノス

第28節 アルビレックス新潟×横浜Fマリノス 1−0終了

【得点者】
新潟:エジミウソン

【新潟】
スタメン:GK木寺 DFアンデルソン・リマ 高橋 萩村 梅山 MF桑原 菊地 青野 FWファビーニョ エジミウソン 鈴木慎

【横浜Fマリノス】
スタメン:GK榎本達 DF右から中澤 松田 河合 MF田中隼 那須 上野 ドゥトラ   奥 FWグラウ 坂田
sub:GK榎本哲 DF中西 MFマグロン 山瀬 FW大島

※雨でかなりの寒さの模様。ピッチコンディションが心配される。上野が怪我から復帰スタメン。震災から1年、試合前に黙祷が行われる。

【前半】
立ち上がりからマリノスが高い位置でボールを奪い攻撃を仕掛ける。
なかなか新潟はボールを奪えず。
18分奥のFKから上野が飛び出しゴールするもオフサイド。 21分ドゥトラCKから河合がドンピシャヘディングもゴール内にいた相手に防がれる。 直後田中の突破から奥ヘディングも枠を捕らえられず。
再三チャンスを作るが最後の所で得点に結びつかず。

新潟監督は試合中にホワイトボードを持ち込んで選手に指示を与える。
38分 ゴール前でエジミウソンとアンデルソン・リマ にパスで繋がれゴール左に決められ先制を許してしまった。
優勢のマリノスがチャンスを決められないでいる間に、ほんの少ないチャンスで新潟にやられてしまった。
【後半】
後半立ち上がりからマリノスの猛攻を新潟の硬いDFが凌ぐ。 7分奥→山瀬 グラウ→大島
8分ゴール前で代わったばかりの大島らの再三のチャンスも運悪くゴールならず。
後半24分河合→マグロン。 4バックに。
38分松田が上がる。
あれだけの猛攻も決定的なシュートに中々結びつかず 1−0のまま終了。
いまだに負けたのが信じられない内容での敗退となってしまった。
今日の負けはかなりショックです・・・





posted by Hiro at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

Jリーグ第27節 ジェフ×横浜Fマリノス

Jリーグ第27節 ジェフ千葉×横浜Fマリノス 2−2

【得点者】ジェフ千葉:阿部 巻
     横浜F・マリノス:ドゥトラ 坂田


【ジェフ千葉】
スタメン:GK立石 DF結城 ストヤノフ 斉藤 MF山岸 佐藤 阿部 坂本 羽生 FW巻 林

【横浜F・マリノス】
スタメン:GK榎本達 DF中澤 松田 河合 MF田中隼 那須 奥 ドゥトラ 大橋 FW大島 坂田
控え:GK榎本哲 DF中西 MFマグロン 山瀬 FW清水

※フクアリ(フクダ電子アリーナ)こけら落とし。
 マリノス選手にとっては初めてのピッチ。雨が降っている為ピッチは水を含んでいると思われるが影響はなさそう。こけら落とし試合とあって満員の模様。(18500人収容サッカー専用スタジアム)


【前半】
立ち上がりはほぼ互角の展開、16分右CKから阿部にヘディングで決められフクアリ第1号ゴールを許してしまう。
その後ジェフにパスを繋がれる場面が目立ち始めた為、監督は奥に下がれの指示、那須と2ボランチの状態に。

ジェフのプレッシャーが早く中々前線にボールを運べない。
前線に抜け出しても後ろが上がって来ない為展開も出来ず・・の歯がゆい状態が続き前半終了。

【後半】
後半開始。頭から大橋に代えて山瀬功を投入。

後半50秒、関東地方で地震が発生。ちなみに千葉県は震度4。

後半7分、右サイドの田中隼のピンポイントクロスに山瀬功がヘディングで合わせるがバーの上。

後半26分、右サイドからDF数人を交わした山瀬功がセンターリング、クリアされたボールをドゥトラがボレーシュートを決め同点。

同点にしたマリノスは徐々に優勢に。

後半43分、CKから最後巻に弾丸ボレーを決められジェフに追加点。

失点後即松田が前線に上がる。

後半44分、失点の1分後ドゥトラのクロスを受けた坂田がDF1人を交わしてゴール右隅に決め同点。

試合はそのまま2−2で終了し、貴重な勝ち点1を得た。

ジェフに2点目を入れられ、そのまま試合が終了すると思われたが、松田が前線に上がり人数をかけたことにより坂田の同点ゴールが生まれた。
最後の最後まであきらめない気持ちが今日もチームを救った。











posted by Hiro at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

ナビスコ杯準決勝 横浜Fマリノス×ガンバ大阪

ナビスコ杯準決勝 横浜Fマリノス × ガンバ大阪 1−0

【得点者】那須

【横浜Fマリノス】
GK榎本達 DF右から中澤 中西 栗原 MF右に田中 左ドゥトラ ボランチに那須 トップ下に奥と大橋 FWグラウ 坂田
控え・・松田 山瀬 大島 清水

【前半】
開始早々2分大橋のFKからゴール前につめた中澤が惜しいシュートを放つ等、かなり攻撃的に始まる。 こぼれ球もよく拾っているマリノス、ガンバに思うような攻撃をさせず。

ガンバ側は早くも2枚目のイエローカードが出る。
30分右CKから那須がヘディングで押し込み先制〜!!!
前半終了間際 ガンバの猛攻を受け42分大黒がGKと1対1になる場面もあったが何とか1点を守りきり前半を折り返す。

【後半】
開始から2本立て続けに大黒にシュートを撃たれる。 4分栗原に代わって松田が入る。右足首を痛めた模様。

坂田、那須、田中・・とマリノスは次から次へと積極的にシュートを放つ。
後半15分奥に代わって山瀬投入。

ガンバのカウンターにもDF陣が落ち着いて対応。アラウージョの突破にも中澤が体を張った守りで凌いでいる。

30分左CKから中澤がフリーでへディングシュートするも、惜しくもゴール左に外れる。
40分 ドゥトラから山瀬 坂田の2度のシュートもGKに阻まれる。
43分グラウにイエロー。ボールに行った筈だが・・
44分グラウから坂田の決定的シュートも左に外れる。
ロスタイム2分。
ドゥトラがゴール左で(完璧ファール)倒されるも審判はファールを出さず、アラウージョが気づきながらもプレーを続けたことから選手が抗議する場面も。
そのまま試合終了。 延長戦へ。

延長戦前半、流石にやや疲れが見え、こぼれ球を拾えない場面が。
9分グラウから大橋、山瀬と立て続けにシュートもGKに阻まれる。
延長戦後半、坂田に代わり清水投入。
3分グラウに2枚目のカードでレッド退場。これも全く危険なプレーとは無縁のもので審判の判断にかなり?。(先ほどのドゥトラへのファールには何もなしだが・・)今日の審判は吉田審判。
10対11になる。
マリノスの猛攻。全くガンバに攻撃を許さず。
ガンバの選手は何人も足がつっている状態。
120分でも決着つかずPKに突入〜!
【PK】
遠藤 ○     山瀬 ×
アラ ○     大橋 ×
松波 ○     ドゥトラ ○
大黒 ○     
  4−1で悔しい敗退となってしまった・・・

敗れてしまったが今日の試合は王者マリノスの意地をしっかり感じさせてくれた見事な試合だった。
選手達に大きな拍手を贈りたい。
こんなにいい試合が出来るマリノス、リーグ戦でも自信を持って戦って欲しい。




















posted by Hiro at 18:57| Comment(0) | TrackBack(1) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

■Jリーグ第26節 横浜Fマリノス×大分トリニータ

■Jリーグ第26節 横浜Fマリノス×大分トリニータ 0−3


【得点者】大分:深谷 マグノアウベス 西山


【横浜Fマリノス】
GK榎本達 DF右から栗原 中澤 河合 MF右に田中 左ドゥトラ トップ下に奥、 那須 マグロンのボランチ FW大橋 グラウの2トップ  松田は出場停止

【大分】


【前半】
選手紹介の場面では山崎と吉田 木島にブーイングが。

開始4分大橋の右CKよりマグロンがヘディングで合わせるが惜しくもポストに阻まれる。マリノス優勢の展開かと思われたが その後大分にパスを繋がれる場面が増え、27分右CKから深谷にヘディングで決められ先制を許す。深谷はJリーグ初ゴール。

マリノスは中々パスが繋がらない状態が続き苦しい展開。

【後半】
大橋に代わって坂田投入。 マグロンが相手選手とシュート時に交錯 左足を痛め大島に代わる緊急事態となる。
中盤でパスの出し所を探している間に相手にボールを奪われる場面も多く 攻撃の形が作れない。
こぼれ玉への反応も大分の方が早く1対1でも競り負け気味の展開。

後半18分坂田の得た左CKから大島のヘディングがバーに当たりついで河合、最後中澤とゴールまん前の3回のチャンスもことごとくDF陣に防がれてしまう。

23分 奥に代わり熊林投入。
27分 ゴール前での小さ目のクリアから再度細かく繋がれマグノアウベスに追加点を奪われる。
ロスタイム中澤もゴール前に上がっての攻撃も得点に繋がらず、ロスタイム終了間際、西山に一瞬の隙をつかれてロングボールでのシュートを許し3点目の失点。

大分相手に3失点の完敗・・・サポーターからは大きなブーイングの嵐が起こった。
全くマリノスの試合が出来ないまま終わってしまった。
ナビスコガンバ大阪戦を前に 何としても勝って欲しかったが・・・緊急修正必死。









posted by Hiro at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。