2006年03月26日

Jリーグ第5節横浜Fマリノス×浦和

Jリーグ第5節横浜Fマリノス×浦和 1ー3

【得点者】
マリノス:大島
浦和:山田 ワシントン 長谷部

【マリノス】
スタメン:GK榎本達 DF松田 栗原 中澤 MF吉田 上野 マグロン 奥 ドゥトラ FW久保 マルケス

【レッズ】
スタメン:GK都築 DF堀之内 闘莉王 坪井 MF 鈴木 長谷部 山田 三都主 ポンテ 小野 FWワシントン

※これまで無敗同士の 早くも頂上決戦。 何故かこれまでアウェーのレッズに強くホームでのレッズが苦手?のマリノス。  今日の一戦でチームの本当の強さが見えてくる。厳しい試合が予想される。
観客動員は5万を超えた。 ジーコ監督も観戦。

【前半】
序盤からマリノスは左のブラジルトリオを中心に積極的に攻撃を仕掛けるも高めからの素早いレッズのDFから中々シュートまで持って行けず。
久保のポストは闘莉王に防がれる。

15分左サイド、マルケスが倒されFK。 ドゥトラのクロスはゴール前栗原の頭に僅かに届かず、右の松田がギリギリ折り返すがゴールラインを割る。
21分ハーフウェイライン近くでパスカットされそのままワシントンに。あわやGKと1対1の場面に榎本飛び出しエリアラインギリギリで右足でクリア。 直後の右サイドからレッズのスローインから山田のクロスにワシントン飛込みヘディングはゴール右に。 救われる。

立て続けにレッズにチャンス。  マリノスこぼれ球への反応もレッズよりやや遅いか。
24分左CK、ドゥトラ。 三都主にクリアされこぼれ球をポンテから山田へ一気にカウンター。 何とか追いつきクリアしたボールをまた拾われ右を上がった山田を倒しマグロンにイエローが出る。

レッズのFKはクリアし マリノス一気に攻め込むが左ドゥトラからのクロスはエリア内 奥が倒れボールは右に。  奥の右CKから中澤のヘディングシュートは惜しくもバーの上へ。

双方攻守中々譲らず。 集中力の根競べ。
36分カウンターから左マルケスのクロスに久保飛び込むが僅かの差で坪井が阻止。 決定的チャンスだった。 42分右サイド奥のFK,マグロンに合わせるもゴール左上へ。 マリノス攻撃チャンスも中々生かせず。

43分レッズの左CK。 ポンテのCKのこぼれ球を山田がゴール右下に押し込みレッズ先制。
マリノスが中々決められない中 レッズにセットプレーから先制を許してしまった。
45分 何とかしようと松田が中央やや右から強烈なロングシュート! ゴールギリギリ右に。 しかしGKが触った為右CKへ。 奥のCKはファーの松田にあわせるもゴール上。
前半終了。 嫌な時間帯に上手くレッズに先制されてしまった。 後半の巻き返しに期待。
【後半】
後半2分 GK榎本のキックが何と直接レッズFWワシントンの所へ。
そのままドリブルで攻め上がったワシントンのシュートは何とか榎本死守。も・・・一気に立ち上がりが崩れた。
直後カウンターからドゥトラのシュートは都築のナイスセーブに阻まれる。3分GKからのボールをワシントンに突破されゴール左に叩き込まれる。
期待された後半も開始直後の大事な時間にまたもや失点を許す。

6分マルケスから中澤が左サイドを突破、右足アウトサイドでの見事なクロスに奥が飛び込むも 惜しくも奥の頭は僅かに届かず。 決定的チャンス。

8分吉田に代わり田中、奥に代わり清水入る。
15分左ドゥトラからゴール前マルケストラップ、マグロンシュートはGKキャッチ。
21分エリアやや左からのFK。もチャンス生かせずワシントンにカウンターを許しポンテシュート。 何とか榎本死守。
パスミスからあっという間にカウンター という危機をマリノスは自ら何度も作っている。
マリノスの足が止まっている。 
27分 上野に代わり大島。
29分ドゥトラからのロングボールに清水追いつき右CK得るも合わせられず。直後ピッチ中央 田中からのロングボールに久保ゴール右からシュートもGK。
右サイド田中からのクロスにファーサイド久保シュートもゴール上。
中々ゴール割れず。
頼みのセットプレーもチャンス作れずカウンター。
42分パスミスから立て続けにまたもや決定的チャンスを与えるも何とかGKキャッチ。

45分左サイドのマルケスからのクロスに大島が頭であわせ、ゴール右に。
ようやく待ちに待ったマリノスのゴールが生まれた。
しかしロスタイム エリア左で粘ったワシントンから最後長谷部にシュートを許しマリノスは3失点。 試合終了。

前半終了間際、後半立ち上がり、そしてロスタイム と大切な時間帯に見事にレッズに決められ 完敗といっていい内容。
4連勝してきたマリノスだが この敗戦を 次へ繋げる為のいい機会にして次節は何としても勝ち点3をゲットして貰いたい。



  


posted by Hiro at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

Jリーグ第4節 大分×横浜Fマリノス

Jリーグ第4節 大分×横浜Fマリノス 1−2

【得点者】マリノス:栗原 清水
     大分:根本
【大分】
スタメン:GK西川 DF柴小屋 深谷 福元 MF梅田 西山 トゥーリオ エジミウソン 根本 FW高松 オズマール
sub下川 増田 川田 森重 松橋 内村 山崎

【マリノス】
スタメン:GK榎本達 DF松田 栗原 中澤 MF吉田 上野 マグロン ドゥトラ 清水 FW大島 マルケス
sub 下川 河合 田中隼 平野 奥 久保 坂田

※中2日でのアウェー大分戦。 吉田は古巣との戦い。マグロンとオズマールは昨季途中までブラジルで一緒にプレーしていた仲間だった。
久保はベンチスタート。 元マリノスの山崎はベンチに。

【前半】
晴れ 気温15度。
開始早々右サイドからチャンスを作りセットプレー。惜しくもGKに阻まれる。  直後オズマールにオーバーヘッドでシュートを撃たれるも榎本キャッチ。
3分右サイドセットプレー、ドゥトラのFKからゴール前ファーの栗原がゴール左に押し込みマリノス先制〜!!!
相手にぶつかり倒した吉田にイエロー。 吉田がボールを持つと大分サポからブーイング。  
13分大分の右CKは難なくクリア。  15分エリア内で高松と接触したドゥトラが倒れ左足を痛めた模様。 が無事戻る。
25分オズマールの突破からCKもクリア。
やや大分にボールが回りだす。
マルケスがイエロー。手で止めにきた相手を振り払っただけで(怒)
31分 マルケス 左サイドで倒され得たFKロングクロスから右を上がった清水が右足でボレーで決め2点目〜!!!
ロスタイム2分 前半終了。
【後半】
選手交代なし。
1分左サイド ドゥトラからのクロスに清水ヘディング、惜しくもGKキャッチ。
7分右サイド上野 吉田のパス交換から最後マルケスシュートは惜しくもゴール上。
左マルケスのクロスから大島ヘディングは枠捉えられず。
19分カウンターから駆け上がった中澤が倒され笛。 決定的チャンスだっただけに選手達は審判に駆け寄る。 アドバンテージは・・・?
24分久保選手準備。 25分大島に代わって久保投入。
30分吉田に代わり田中隼入る。
79分 右サイド遠目 大分のFKから直接根本に決められ1−2に。
大分の猛攻。
83分ゴール目の前、GKと1対1最大のチャンスも久保のシュートはGKに阻まれる。
86分左ドゥトラからのクロス 久保にあわせるもシュートはゴール左へ。
カウンター阻止から久保相手を倒しイエロー。
チャンスを作るもマリノス中々決め切れず。
ロスタイム3分。
マルケスに代わって坂田投入。 今シーズン初出場。
最後大分の猛攻も何とか守りきりマリノスは4連勝〜!!!!!







posted by Hiro at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

Jリーグ第3節 横浜F・マリノス×セレッソ大阪

Jリーグ第3節 横浜F・マリノス×セレッソ大阪 3−1

【得点者】横浜F・マリノス:マグロン×2 マルケス
     セレッソ大阪:森島寛

【横浜F・マリノス】
スタメン:GK榎本達 DF松田 中澤 栗原 MF上野 マグロン 吉田 ドゥトラ 奥 FWマルケス 久保

【セレッソ大阪】
スタメン:GK吉田 DF藤本 前田 ブルーノ・クアドロス MF下村 ピンゴ 山田 ゼ・カルロス FW森島 西沢 古橋

マリノスは開幕2連勝の好調に対し、セレッソは2連敗という対照的なチーム状況。マリノスとしては首位の川崎Fを追っている為、今日は絶対勝って勝ち点3を積み上げたいところ。

【前半】
KICK OFF後すぐに雨が降り出し、次第に強さが増していく。風も強く、コンディションは悪い。

前半1分、相手FKの早いリスタートから一瞬のすきをつかれ、左サイドのゼ・カルロスのアーリークロスを森島寛がダイビングヘッド。ボールはゴール右隅に流れ込み、前半の立ち上がりに先制を許してしまう。栗原がマークについていたが、あと一歩及ばず・・・。

しかし、マリノスは早々の失点にも焦りを見せず、落ち着いてボールを繋いでゲームをつくる。立ち上がりの失点により、少し緩んでいた気持ちに活が入る。

前半13分、エリアやや左からのFKを得る。奥のFKを相手GK吉田がパンチングするが、ボールは真下に叩きつけられる。そのルーズボールをマグロンがヘディングでそのまま押し込み同点に追いつく。マグロンは開幕3試合を連続ゴールとなる。

同点ゴールを決めてからはマリノスがボールを支配する。
前半序盤からブラジルトリオのコンビが光る。特にマグロンとドゥトラのポジションチェンジやマルケスとドゥトラのダイレクトプレーが相手DFを困惑させている。

大雨でピッチがスリッピーになっている為、両チーム共にパスミスやトラップミスが目立つ。

前半39分、DFラインからのロングボールを古橋がダイレクトでスライディングシュートするがゴール僅か左。

前半のロスタイムは2分。途中ゴール前で奥の惜しいシュートがあったが、相手GKに阻まれる。

前半はそのまま1−1の同点で折り返す。
後半早めに逆転ゴールを奪ってなんとか逃げ切りたいところだ。

【後半】
後半開始。両チームともにメンバー交代はなし。

後半8分、岡田監督が珍しく早々動く。奥に代えて清水を投入。

後半13分、左サイドからのカウンター。ドゥトラから縦パスを受けたマルケスが中央へセンターリング。ボールを受けたマグロンが相手のスライディングを受けながらもシュート。ボールはゴール左隅に突き刺さり、ついに逆転!!ブラジルトリオのコンビネーションの高さがうかがえるゴールとなった。マグロンはゴール後、子供の名前を彫った両腕を出して、観客席にいた家族にパフォーマンス。

後半半ばも相変わらずマリノスのボールポゼッションが高い。セレッソは中盤のマリノスのプレッシャーがきつく、なかなかボールを繋ぐことが出来ない。

後半18分、吉田に代わって田中隼を投入。

後半30分、マグロンに代わって河合を投入。河合はそのままボランチの位置に入る。

後半32分、ドゥトラのクロスを投入されたばかりの河合がゴールに押し込み追加点と思われたが、惜しくもハンドの判定・・・。

後半終盤からマリノスはセカンドボールへの反応が遅れ、相手にボールをとられるシーンが多く見られる。

後半42分、河合からスルーパスを受けた久保がエリア左でキープし、フリーのマルケスにパス。そのマルケスはゴール左隅に落ち着いて決め、ダメ押し点が入る。マルケスは今季2ゴール目。

後半のロスタイム4分も安定したディフェンス陣がしっかり抑える。

試合はそのまま終了し、3−1で勝利。
川崎Fが甲府に敗れ、清水が得失点差で及ばない為、マリノスが首位に浮上した!!
試合のMVPにはマグロンが選ばれる。3試合連続得点、5ゴールのマグロンは川崎Fの我那覇と並び、得点ランキングトップに。次節の大分戦での得点も期待される。
来週22日にはアウェイ大分戦、そして25日にはホームでライバル浦和と激突する。




posted by Hiro at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

Jリーグ第2節鹿島アントラーズ×横浜Fマリノス

Jリーグ第2節鹿島アントラーズ×横浜Fマリノス 0−3

【得点者】マグロン×2 ドゥトラ

【アントラーズ】
スタメン:GK小澤 DF内田 岩政 大岩 新井場 MF青木 増田 本山 小笠原 FW柳沢 アレックスミネイロ sub杉山 羽田 石川 本田 野沢 深井 田代
【マリノス】
スタメン:GK榎本達 DF松田 栗原 中澤 MF吉田 上野 マグロン ドゥトラ 奥 FW久保 マルケス sub榎本哲 河合 田中 平野 坂田 大島 清水

※腰痛再発が心配された久保選手はスタメン。 第1節でハットトリックを決めた柳沢と2得点の久保の代表FW対決。   好調の柳とアレックスミネイロ そして小笠原と本山の動きにも要注意だ。  かなり激しい戦いが予想されるが 今期のマリノスの強さが伺える重要な試合となりそうだ。
【前半】
ボールぎわの激しい争いが続く。 中盤から前線へパスが繋がらず中々シュートまで持って行けず。  12分奥の右CKから中澤ヘディングも惜しくもバーの上。
13分右吉田のクロスにマグロン飛び込むがGKと岩政に阻まれる。  
鹿島のプレスが早い。  20分右サイド松田の粘りからFK、GKさわり左CKへ。
栗原が競り合いで鼻血も無事。 23分左CK、栗原飛び込みヘディングもバーの上。
マリノスのパスがやや前線に繋がり始める。
アントラーズはロングボールでFWの飛び出しからチャンスを狙うがマリノスDFは落ち着いて処理。
35分右吉田からグランダーのクロスはFWと合わず。    久保の粘りからCKを奪う。
38分奥の右CKからマグロンがニアでヘディングで合わせゴール右へ、マリノス先制〜!!!
鹿島は思うような攻撃出来ず、監督は首をかしげる。
前半終了間際もマリノスが鹿島ゴールを脅かす。 そのまま0−1で前半終了。
【後半】
2分左小笠原CKから柳のヘディングがゴールへ、榎本が危機一髪 右手1本で押さえドゥトラがクリア。 
1点を取りに、鹿島の勢いが増す。
11分2本立て続けに鹿島のCK、アオキのヘディングは枠外。
17分鹿島はいっぺんに2人交代、野澤と深井が入る。
20分吉田に代わり田中が入る。  
鹿島の猛攻。マリノス我慢の時間帯。
マリノスは右サイドの田中から突破を仕掛ける。  27分ファールからエリア右からの鹿島のFKはDF阻止。
清水が呼ばれる。30分奥に代わって清水入る。
31分マリノス右CKはGKキャッチ。
33分マルケスがエリア近く中央で倒されFK。マグロンのシュートは見事ゴール右に突き刺さる〜!!!
マグロン2点目〜!!!岡田監督は立ち上がってガッツポーズ。   鹿島3人目の交代。 マリノスペース取り戻す。
36分 右サイドの田中の突破からゴール前にグランダーのクロス、左サイドからドゥトラがシュートし見事ゴール上に突き刺さる。 マリノス3点目〜!!! 
41分久保に代わって平野入る。 
鹿島の足が止まる。
試合終了〜!!!アウェーの鹿島相手にマリノス3−0の完勝〜!!!
ハードトレに耐えて頑張ってきたマリノス選手の足は最後まで鹿島に負けることはなかった。
試合後2得点を決めたマグロンがインタビューに答え「誰が点を決めたという事はあまり重要ではない、チームが勝てた事が重用」とコメント。
後半の我慢の時間帯もチーム一丸なって鹿島の攻撃を阻止。  見事な結果に試合後の選手達の表情も晴れやかだった。  お見事!!マリノス!!! 

 
 

posted by Hiro at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

Jリーグ第1節 横浜Fマリノス×京都パープルサンガ

Jリーグ第1節 横浜Fマリノス×京都パープルサンガ 4−1

【得点者】マリノス:マグロン 久保×2 マルケス

※W杯イヤー2006 ついにJリーグ開幕、代表メンバーも1日に帰国後チームに合流、腰痛が心配されていた久保選手も何とか無事。 今年早くからハードなフィジカルメニューをこなしてきた選手達だが試合に活かされるのか。 

【マリノス】
スタメン:GK榎本達 DF左から中澤 栗原 松田 MF右には吉田、左ドゥトラ マグロン 上野 奥 FW久保 マルケス 
サブ 河合 田中隼 平野 大島 清水
【京都】
スタメン:GK西村 DF鈴木 リカルド 鈴木悟 児玉 MF米田 斉藤 星 中払 FWパウリーニョ 田原 
サブ 上野 登尾 渡邊 石井 美尾 林 松田

【前半】
いきなり右松田から前線にロングボール、松田が右に入った事で攻撃参加にも変化が。
2分左サイドドゥトラからのクロスを久保ヘディング、惜しくもバーの右へ。 開始早々マリノス前線から積極的にプレス。

3分 DF栗原から前線にロングボール、相手DFのトラップミスを久保が奪いエリア左のマルケスにパス、マルケスのクロスを相手DFクリアも小さく すかさず走りこんだマグロンが見事ゴール!!!何と開始3分の先制〜!!

マリノスはこぼれ球への反応も早く 京都は殆どボールキープ出来ず。
久保も腰痛を感じさせない動きで積極的にボールを奪いに行く。
12分斉藤に右サイドを強引に突破されシュートを撃たれるが榎本がナイスセーブ。
やや京都にボールが回るようになる。

18分中盤左 奥からのFKを相手DFがクリア、そのこぼれ球に松田が全速力で上がり奪い つめた栗原にピンポイントクロス、惜しくもGKにキャッチされる。
直後GKからの超ロングボールが前線のパウリーニョへ渡り一気に攻め込まれエリア内で倒れるるが榎本落ち着いてキープ。
京都のロングボールから攻め込まれシュートを撃たれる時間帯がやや増える。

26分久保が つけていた指輪を外すよう指摘されピッチ外で懸命に外す。(海外にいて知らなかったか?)
30分栗原から右を上がった松田へロングボール、競り勝った松田は真ん中のマグロンに、マグロンが左のドゥトラへ、クロスがGKの手をかすめ ちょうど直ぐ後ろにいた久保のヘッドに。 瞬間構えた久保のヘディングで見事ボールはゴール!!!頂きゴール!

上野が中盤でボールを落ち着かせる いぶし銀の働き、松田は再三攻撃参加で生き生きしている。    35分相手の足に接触した久保にイエロー(厳しいな〜)
マグロンの早いリスタートから左ドゥトラがグランダークロス、吉田の右足ダイレクトは惜しくもDFに阻まれる。
37分中澤からのパスを左マルケスがクロス、久保のダイビングヘッドは見事ゴール中央に突き刺さる。 マリノス何と3点目〜!!
直後右吉田からゴール前のマルケスにピンポイントクロス、マルケスダイビングシュートもオフサイド。
一時攻められる時間帯があったもののマリノスはほぼゲームをコントロール、いい攻撃を見せている。そのまま前半終了。
【後半】
開始1分 3分とエリア内まで突破される。
5分クロスに田原と中澤が競り合い中澤倒れるが無事。
開始から攻め込まれる時間帯。  
9分中盤で奪われたボールを右サイドからクロスをあげられ左サイドへ、最後田原のヘディングシュートは榎本正面でキャッチ。

10分上野からフワーッと浮かせたロングボールが左のマルケスに。グランダークロスから久保が飛び込むがシュートは惜しくもゴール左。
15分パウリーニョを倒した吉田にイエロー。 
18分吉田→田中 奥→清水。

入った田中は右サイドの深い位置でボールを奪っては一気に前線に駆け上がり猛烈アピール。
21分右田中から右に走りこんだマルケスに。マルケスがゴール前の清水にピンポイント、清水のヘディングは惜しくもゴール上に。 マルケスは右でも左でもいいクロスを入れている。
右サイド田中からゴール前の久保にピンポイント、ヘディングは惜しくもポスト角を直撃。
24分美尾にミドルを打たれるも榎本キャッチ。
30分中央から斉藤がドリブルであがりミドルを撃たれるが中澤に当たりゴール左角を経由しCKへ。
左CKからこぼれ玉を繋がれシュートを撃たれるも榎本キャッチ。

35分右田中から右サイドに上がった上野へ。 上野はゴール前のマルケスに、マルケスはワントラップし右足でシュート、GKが触るが見事GKの手を越えゴール!!
36分中盤で奪われたボールをパウリーニョに一気に突破されそのまま強烈なミドルシュートを撃たれ、失点。  個人技で一気にやられた。

40分久保→河合(岡田監督から「絶対失点するな」の指示。)
ロスタイム2分 マリノスは右コーナーで上手く時間を使い4−1のまま終了。
試合後選手達の表情は爽やか。 
開幕早々2ゴールを決めた久保はTV、そしてゴール裏でヒーローインタビュー。
サポーターは開幕4得点に大喜び。  今期のマリノスは期待大。
次節鹿島相手にアウェーでどこまで自分達のサッカーが出来るか、チームの強さが見えてくる。











posted by Hiro at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。