2005年08月21日

Jリーグ第19節 ジュビロ磐田×横浜F・マリノス 

Jリーグ第19節 ジュビロ磐田×横浜F・マリノス 3−1

<得点者>ジュビロ磐田:カレンロバート×2 河村
      横 浜F・マリノス:栗原

【ジュビロ磐田】
スタメン:GK川口能 DF茶野 田中 服部 MF太田 福西 名波 村井 成岡 FWカレンロバート 前田
控え:GK佐藤 DFキムジュンギュ MF河村 FWチェヨンス 中山

【横浜F・マリノス】
スタメン:GK榎本哲 DF松田 栗原 田中 ドゥトラ MF那須 マグロン 大橋 山瀬功 FW坂田 久保
控え:GK榎本達 MF上野 奥 FW大島 グラウ

Jリーグ再開!敗れたチームが優勝争いから退くことになりそうだ。

ジュビロ磐田には元マリノスの川口能活。マリノスには肉離れから復帰した奥と磐田から移籍してきたグラウがベンチ入りし、お互い古巣相手の対戦になった。

マリノスには控えにFWが2人とMFが2人でDF陣がゼロ。今夜絶対に勝つという岡田監督の執念が伺える。

第1戦で福西の神の手ゴールで敗れただけに今夜は何が何でも勝ちたい!!


【前半】
前半2分、村井のクロスのクリアミスをカレンロバートに振り向きざまに決められ失点。

前半24分、カウンターからカレンロバートにドリブルで持ち込まれそのままミドルシュートを決められてしまう。

マリノスは攻めてはいるもののなかなかシュートまで持っていくことが出来ない。
前半の間に1点返さないと後半はきつくなりそうだ。これ以上の失点は許されない。

前半42分、右サイドからえぐっていったマグロンがシュートを撃つがバーに嫌われる。

前半は2点差のままで終了。チャンスはあったが、決めきることが出来なかった。
勝ち点3を得るには後半に3点をとるしかない。まずは同点にしたい。


【後半】
後半の頭から大橋に代えて奥が投入。久し振りの復帰となった。

後半12分、久保に代わってついにグラウが入る。

後半25分、山瀬功に代わって大島を投入し、3トップに。

後半41分、ドゥトラのFKを栗原がダイレクトで決め1点を返す。

しかし、後半ロスタイムにカウンターから最後途中から投入された河村がゴールを決め、試合を決定付けられてしまった。

試合はそのまま終了し、3−1でマリノスは敗れた。

前半の早いうちに失点した2点が重くのしかかった。
posted by Hiro at 00:50| Comment(1) | TrackBack(1) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山瀬救済サイト
Posted by えふまり at 2006年11月07日 17:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【サッカー J1 チーム順位 第19節】  鹿島・G大阪ともに黒星・・・
Excerpt:  サッカーJ1第19節が8月20、21日におこなわれました。小笠原選手のセリエA・レッチェ移籍に揺れる首位鹿島は広島に痛い黒星。勝てば勝ち...
Weblog: ベストヒット.jp!!
Tracked: 2005-08-22 19:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。